永作博美さん結婚して2度の流産を乗り越え感動の出産!!


 

 

永作博美さん、感動の出産!!

2度の流産を乗り越えた、

感動の物語。

Sponsord Link

 

2010年5月に第1子を出産

男の子。ご長男おめでとう

ございます。

 

そして、2013年6月に第2子を出産

女の子。ご長女おめでとう

ございます。

nagasaku

永作博美プロフィール

芸名:永作博美

本名:内藤博美(ないとうひろみ)

生年月日:1970年10月14日

血液型:B型

Sponsord Link

出身地:茨城県行方郡麻生町

(現在は行方市)

家族構成

お父さん、お母さん、

兄弟は3姉妹で永作博美さんは次女

実家はいちご農園

(ストロベリーファーム)

芸能界入りのきっかけ

お父さんがオールナイトフジの

美少女コンテストに応募し

見事、ベストパフォーマー賞を受賞。

 

 

永作博美さん、2009年に映像作家の

内藤まろさんと結婚。

naitou

永作さんの地元である茨城県の住所、

茨城県鹿嶋市 宮中−2306−1にある

鹿島神宮で結婚式というか挙式を

行ったようです。

 

披露宴の情報はありませんので、

親族のみで内密に行われたのでしょう。

 

2008年から同棲をしていたという

永作さんと内藤さん。

 

同居のころから、子供ができにくい体質で、

不妊症である事で悩んでいたそうです。

 

神奈川県の不妊治療で有名な産婦人科の

クリニックでたびたび目撃情報が。

 

ご自宅の住所から考えると、

かなり遠い距離です。

 

ご本人の永作さんしか、その苦しみや辛さ

はわからないと思います。

 

芸能人でありますから、一般人の何十倍も

何百倍も人目が気になるでしょう。

 

その中で、人目もはばからず不妊治療を

続けたその努力には頭がさがります。

 

 

Sponsord Link


 

 

最近ではよく胎児クリニックという言葉を

耳にします。

 

高齢出産が多くなっている近代では、

胎児クリニックで、医師の適切な指導に

より胎児を妊娠後に調べる事によって、

染色体異常やダウン症、先天性異常

確率を把握できるのです。

 

そして、ご両親の意思により、

中絶という判断をとることも可能

なのです。

 

高齢出産とは一般的に35才以上の

女性の出産のことを言います。

 

35才以上から、ダウン症や染色体異常、

先天性異常の確率があがるのです。

 

この高齢出産にあてはまっていた

永作博美さんは、あらゆる体調管理

に気を使っていました。

 

お腹の赤ちゃんによいと言われる

事で、永作さんご自身も納得された

事はすべてされたそうです。

 

食事においては、亜麻仁油や

生の新鮮野菜を摂取。

 

また冷え性であった永作博美さんは、

お風呂で木酢液やにがりを入れて、

代謝がよくなるようにと、とつめたいた。

 

そして、神頼みもしっかりと。

広島県の尾道にある、赤ちゃんゆかりの

神社にもお参りに。

 

子供は授かりものだと言います。

おめでた、ご懐妊、おめでとうと

言われ、流産となった時、

言葉では言い表せないほどの

悲しい気持ちだったと思います。

 

安産だろうが難産だろうが関係ありません。

分娩室に入り、初産にのぞんで初めて

自分の赤ちゃんの産声を聞いた時、

永作さんは、このうえない喜び

感じたことでしょう。

以下の動画は、出産後に初めて公の場に

姿をあらわした永作さんの動画です。

息子の長男、娘の長女、2人のお子さん

にかこまれた永作博美さん、今は、

2人のお子さんの将来を見据え

しっかり育児に専念されているようです。

 

 

Sponsord Link

カテゴリー: 「な」   パーマリンク


こちらの記事もどうぞ