小雪の夫は松山ケンイチ。小雪って吉瀬美智子なの?


 

小雪さん、モデルでデビューし、

今は女優として活躍されていますね。

 

2011年には松山ケンイチさん

とご結婚。

 

小雪さんといえば、松山ケンイチ

さんを夫にもつ、モデルで女優の

小雪さんを最初に思い浮かべる

方が多いと思います。

 

しかし、同じ芸名の小雪という

タレントさんが福岡にいるようです。

 

しかもその方は2代目の小雪

というのです。そして、1代目

なんと今では有名な、あの女優

さんだったのです。

 

 

koyuki

Sponsord Link

Sponsord Link

小雪さんのプロフィール

芸名:小雪

本名:松山小雪

(旧姓:加藤小雪)

生年月日:1976年12月18日

年齢:2015年現在、38歳

出身地:神奈川県座間市

血液型:O型

身長:170cm

体重:48kg

スリーサイズ:83/58/85

足のサイズ:25cm

出身幼稚園:相武台幼稚園

出身小学校:座間市立相武台東小学校

出身中学:座間市立座間中学校

出身高校:神奈川県立伊勢原高等学校

出身大学:東京女子医科大学看護専門学校

家族構成

お父さん、お母さん

兄弟は兄が1人と姉が1人。

姉は歌手の弥生さん。

結婚歴

2011年に結婚。

旦那さんは松山ケンイチ

2012年、1人目の子供である

長男を出産。

2013年、2人目の子供である

長女を出産

2015年、3人目の子供を出産。

芸能界入りのきっかけ

1995年、ファッション雑誌「ノンノ」

の読者モデルに高校3年生の時

に応募した。

見事に合格し専属モデルとなる。

 

小雪と検索すると、検索窓に

ドォーモ小雪さんなる物が

表示される。

 

小雪さんとドォーモって何だろう?

と思い、検索してみると・・・

 

九州朝日放送の情報バラエティ

番組にドォーモというテレビ番組

があるらしい。

そのリポーターさんが小雪さん

というそうです。

 

dumo

小雪さんはNOIRという

モデル事務所に所属している

らしいのですが・・・・

 

 

そして、もっとびくっりしたのは、

NOIRに昔、女優の吉瀬美智子

さんもモデルとして所属していて、

その時の芸名が小雪だったとい

うのです。

 

kichise

初代小雪が吉瀬美智子さん、

今の小雪は2代目なんですって。

 

びっくりしました~。

 

 

 

Sponsord Link


 

 

 

1番不思議に思ったことは、

芸名の小雪は商標登録されて

いないのかな?ということ。

 

例えば、本名でない限りは、

夫の松山ケンイチさんと全く

同じ名前で、他のタレントさん

が芸能活動をすることは、

法律上の規則で、又は芸能界

での一般常識として許されない

という暗黙の了解的なものが

あると思われます。

 

要は小雪という芸名に関して

どうだったのか?と

言うことです。

 

調べてみると、

 

松山ケンイチさんと結婚された

女優の小雪さんは、1995年ごろ

雑誌の専属モデルとして働きだした。

 

初代小雪であった、吉瀬美智子さん

もだいたい1995年ごろに喫茶店での

アルバイト中にスカウトされモデルの

仕事を開始。

 

大体、同時期にモデルの仕事を

始めている。

 

どちらが先に、小雪という芸名を

使用したのかは、かわりませんで

した。

 

互いに知らないまま、小雪という

芸名を使用していた可能性もあり

ますね。

 

こういった場合は難しいです。

 

厳密に調査すれば、どちらが先に

芸名として小雪と名のったかは、

判明すると思われますが、

ほぼ、同時期です。

 

また女優の小雪さんは、加藤小雪

という本名でもあります。

 

ですから、今、現在では、

いままでの経緯やお互いに

真似をしたわけではない

といった理由により、問題と

なってはいない、と判断しました。

 

しかし、さらなる第三者が、小雪と

いう芸名で活動を始めたら、間違い

なく訴えられるでしょう。

 

最後に、小雪さんは2013年に2番目

の子供さんとなる女の子を芸能界で

は初めて韓国の施設にて出産

 

2011年に日本テレビ系番組

「アナザースカイ」で小雪さんが

韓国の産後調理院をリポートし、

感銘を受けたことがきっかけ。

 

以下は、アナザースカイに出演

された時の動画です。

ご覧ください。
 
 

 
 
 
出産には、ちゃんと旦那さんの

松山ケンイチさんも立ち会われた

ようです。

 

イクメンパパですね。
 
 
 
 

Sponsord Link

カテゴリー: 「こ」「ご」   パーマリンク


こちらの記事もどうぞ