プリズンブレイク海外ドラマを見るべき4つの理由


 

 

プリズンブレイクとは、アメリカの

人気ドラマで、一般的に海外ドラマ

と言われます。

Sponsord Link

 

人気海外ドラマのプリズンブレイク

は、お金を払ってでも見る価値が

あるか?

 

以下のネタばれなしの記事を見て

1つの判断材料としてくれればと

思うのです。

 

prizon

マイケル(中央)

スクレ(左)

ティーバッグ(左から2番目)

アブルッチ(右から2番目)

リンカーン(右)

Sponsord Link

 

 

シーズン1 2005年放映 全22話

シーズン2 2006年放映 全22話

シーズン3 2007年放映 全13話

シーズン4 2008年放映 全22話

ファイナルブレイク 2009年 前篇・後編

以下、シーズン1の予告動画です。

ご覧ください。

 

 

 

これだけのボリュームがあると、

お金もかかるが、何より見る時間が

かかります。

 

 

 

1番、もったいないのは時間ですよね。

 

 

 

私の感想を見て、見るか見ないかの

判断をしてもらって役立ててくれれば

と思います。

 

 

 

あくまでも個人的な感想なのですが・・・

参考にしてもらえれば、うれしいです。

 

 

Sponsord Link

 

 

全体的な感想は、

絶対、見る価値あり

 

 

しかし、このようなシーズンもので

ありがちな、尻つぼみパターン

典型でもあります。

 

 

シーズン1,2は最高潮

シーズン3、4は完全に下降線。

 

 

 

まず、シーズン1。

絶対見てよし

 

 

私が今までの経験上で、早く次が

見たいと思ったドラマの3本の指

入ります。

 

 

そして、周りの人の意見も同様

意見が多いです。

 

理由1 すべてのキャラが個性的で飽きさせない

①殺人容疑がかけられた兄貴(リンカーン)

②兄貴を脱獄させるために同じ刑務所に

入った弟はIQが200近い天才(主役マイケル)

③極悪看守(べリック)

④ゲイの殺人鬼囚人(ティーバッグ)

⑤熱い男で信頼できる囚人(スクレ)

⑥模範囚人(ウエストモアランド)

⑦刑務所のドンである凶悪囚人(アブルッチ)

 

 

すべての「キャラが際立っているので、

作品に引き込まれ、感情移入しちゃいます。

 

 

理由2 息もつかせぬストーリー展開

乗り越えるたびに降りかかってくる

とんでもない問題や障害。

 

 

それを解決していく

IQ200の天才がすごい

 

 

鳥肌もんのかっこよさ。

 

 

問題を乗り越えた時の、達成感

気持ちよさが半端じゃない。

 

 

理由3 ハラハラドキドキ

ありがちですが。

ダメキャラがやらかしちゃう

 

 

見てる方は、あっダメダメ。

 

それ、やっちゃダメーって~のを

たたみこんで、ダメキャラがやらかしちゃう。

 

 

簡便してくれ~って、気になりますよね。

 

だけど、そこに引き込まれちゃうんですね。

 

 

プラスアルファで、マイケルが超イケメン

なので、女性の方はそれだけでもいいかも。

 

 

次にシーズン2

 

 

シーズン1を見た以上、

絶対に見てください

 

理由4 立ちはだかる恐ろしきFBI捜査官

マホーンというFBI捜査官!!

 

見てるとこいつもIQ200近いんじゃないの?

ってくらい冷静かつ冷徹で頭がいい。

 

 

笑顔はほとんど見せないこの男と、

マイケルとの勝負が緊迫感をMAXへ。

 

シーズン1と2は、見始めたら止まらなく

なります。

 

 

おそらく徹夜で見る方もいるでしょう。

 

 

会社や学校で怒られないように、

気をつけましょう。

 

シーズン3以降はどうしてもマンネリ化

 

 

息もつかせぬ展開も影をひそめ

緊張感も下がる一方。

 

 

ここからは、シーズン2まで見てしまったので

義務で見てる人も多いでしょう。

 

私もそうでした。

 

 

途中まで見てるものを、最後まで見ないと

気持ち悪いですから、しょうがないですね。

 

 

なので、見始めたら全て見ることになるでしょう。

 

 

だけど、ほんとに時間の無い方は、

プリズンブレーク1,2だけ見るだけでも

価値はあると思います。

 

 

余談ですが、出始めのマイケルは

かなりのスリムマッチョのイケメン。

 

 

2010年には、

EXCLUSIVE: Wentworth Miller is almost unrecognizable hiking in LA.

 

やっぱもうかったんですね~。

 

 

Sponsord Link

カテゴリー: 未分類   パーマリンク


こちらの記事もどうぞ