泉ピン子は嫌われる性格!?夫との子供は隠し子?


 

泉ピン子さん、今、現在は大御所女優

の印象ですが昔はどうだったのでしょう?

 

夫や子供さんのプライベート情報

Sponsord Link

あわせて調べてみました。

boy

泉ピン子さんのイメージと言えば、

怖い、おつぼねさん、いじめ、など

申し訳ないですが悪いイメージ

先行してしまいます。

 

一体、昔は何をされていたのでしょう?

 

な、な、なんと・・・・

芸人、コメディアン・・・なんですって

 

izumi

泉ピン子さんのプロフィール

芸名:泉ピン子

Sponsord Link

(旧芸名:三門マリ子)

本名:武本小夜

(旧姓:江口小夜)

生年月日:1947年9月11日

年齢:2015年現在68才

出身地:東京都中央区

血液型:B型

身長:154cm

出身小学校:品川区立日野第二小学校

出身中学:品川区立日野中学校

出身高校:日本音楽高等学校

家族構成

お父さん、お母さん

ご兄弟の情報はありませんでした。

父親は浪曲師の広沢竜造。

母親は泉ピン子さんが2歳の時に他界。

その後、父親が再婚、再婚の相手は

浪曲師の三門お染

結婚歴

1989年に医師である武本憲重さん

と結婚を発表。消化器内科の先生です。

結婚式と披露宴は行わなかったと

いうことです。

夫の武本憲重さんは医学系の

テレビ番組にゲスト医師として

出演することもある。

お2人の間に子供さんはいない

ようです。

芸能界入りのきっかけ

牧伸二に弟子入りし、芸名:三門マリ子

で漫談家としてデビュー。

 

 

まず最初は泉ピン子さんの

プライベートから

 

旦那さんはどんな方?

子供さんはいるのでしょうか?

 

旦那様は銀座で病院を経営

する医師の武本憲重さん。

izu

武本ホームドクタークリニック

という病院です。

 

消化器系の医師で食道、胃、大腸がん

等を専門としています。

 

夫との出会いは40歳くらいの時。

 

西田俊行さんがいろいろと後押し

をしてくれたのです。

 

泉ピン子さんが20代の時に語った

結婚観が以下のコメントです。

 

「女優と結婚の2つの幸せは求めない

結婚は諦めている。」

するならとっくにしている。」

「独り身は寂しいが孤独に耐えて生きる

 

芸人の下積み時代から、女優に

なられたので、女優という職業を

できる事に感謝しているのが

わかりますね。

 

このような結婚観から、一転結婚した

のですから、友人の西田俊行さん

バックアップが本当にありがたか

ったのがわかります。

 

幸せな結婚をされたお2人ですが、

残念ながら子宝には恵まれず子供

さんはおりません。

 

しかし、1990年代、旦那さんの

武本憲重さんに隠し子が発覚

 

妻の泉ピン子さんは、「許します

とコメントされたそうです。

 

「私に子供がいないから」、と

号泣・感動の対応ですね。

 

 

Sponsord Link


 

 

 

次に泉ピン子さんの芸歴を確認

してみましょう。

 

泉ピン子さん、芸能界デビューの

きっかけは漫談家だったんです。

 

デビュー当時はキャバレーまわり

などを行い下積み生活だったよう

ですね。

 

その後、番組リポーターに抜擢され

泉ピン子と改名

pinko

しかし、現場は下ネタばっかりで、

世間の好感度は最悪だったよう

です。

 

泉ピン子さんの昔や過去の経歴

を知らない人は、女優一筋何十年

の超ベテランのイメージがあります

が・・・・意外でした。

 

女優として注目されたのは、1983年

に放送されたNHK連続テレビ小説

「おしん」の母親役での出演。

 

女優としての演技力を高く評価された。

 

以下は「おしん」の動画です。

母親役の泉ピン子さんの演技

ご注目ください。

 

 

 

 

 

ここからだった。

泉ピン子さんの女優人生がスタートした。

 

以後、代表作の「渡る世間は鬼ばかり

などに出演し女優としての地位を確立

 

しかし、女優となった泉ピン子さん、後年

芸人だった事を公言しなくなったという。

 

また、テレビの発言も辛口コメント

多く批判を浴びる事もしばしば。

 

こんな事から、イメージが悪くなり、

世間からは「嫌い」というキーワード

がよく聞かれます。

 

良い性格のイメージが浸透せず、

むしろ悪い性格のイメージ

 

辛口のコメントなど連発しちゃうのは

昔、芸人だった事が影響している

のでしょうね。

 

芸人だった事をもっともっと前面に

押し出せば、笑いもできる大物女優

という印象になり、好感度も上がる

ではないでしょうか?

 

 

 

 

Sponsord Link

カテゴリー: 「い」   パーマリンク


こちらの記事もどうぞ