メタリカの名曲アルバムはこの3つを聞け。映画も斬新。


 

メタリカ。名曲アルバムを聴くなら

この3つを聞け

 
music_heavy_metal_guitarist
 

Sponsord Link

ヘビーメタルファンなら知らない人は

いないでしょう。作られた映画も斬新。

 

それぐらい有名なバンドです。

 


●ボーカル/ギター
ジェームズ・ヘットフィールド 

●ドラムス
ラーズ・ウルリッヒ 

●リードギター
カーク・ハメット 

●ベース
ロバート・トゥルージロ 

 

 

初めてメタリカを聞く人は次の3つを

聞いてください。

 

 

①メタル・マスター (master of puppets)

メタル・ジャスティス (…and justice for all)

③メタリカ (metallica)

Sponsord Link

 

 

メタルマスター

これぞメタリカ。

 

 

1曲目からメタリカを脳天直撃で味わえます。

このスピード感、小気味よく心地よいリフ。

 

 

これであなたもメタリカ信者

完全にヘッドバンキング。

 

 

ライブの次の日は首が痛くてベットから

起き上がれない。

 

こちらの世界へようこそ。

代表曲のMaster Of Puppets です。

素晴らしい曲ですよ。

 

メタル・ジャスティス

メタルマスターに美しさが融合したアルバム

 

 

こんな見事にヘビーメタルと美しさが、

混じりあったアルバムを私は他に、

知りません

 

代表曲のOne 

 

メタリカ

メタリカの最終進化形

 

 

ヘビーメタルに美しさが混じり合った後は、

現代ロックが融合し大輪の花が咲いた。

 

 

じっくり聞いてくださいね。

ヘビーメタルう~、やっぱかっこいいよね。

代表曲 enter sandman

続いては、メタリカの歴史をご紹介。

 

すべての始まりは1981年メタリカ結成

ラーズがジェイムズを誘った。

 

 

メタリカの歴史で注目すべきなのは、

メンバーたち。

 

 

①初期のメンバーにデイブ・ムステイン

初期のメンバーにはメガデスで有名

デイブムステインが加入。

 

数年で解雇。

 

 

②高崎晃に加入オファー

なんと、初期にラウドネスでデビューしていた

日本人の高崎晃に加入のオファーをしていた。

 

 

加入していたら、どんなことになってんだろう?

って思います。

 

 

③クリフ・バートンの死亡

ファーストアルバムからサードアルバムを担当した

伝説のベーシスト

 

 

移動中の不幸な事故で死亡。

いまだに早い不幸に惜しむ声が絶えない。

 

 

Sponsord Link

 

 

アルバムの歴史

 

①キル・エム・オール

1983年発売

メタリカのファーストアルバム

 

荒削りだが、スピード感とリフの小気味よさ

はの原点。

 

②ライド・ザ・ライトニング

1984年発売

 

このアルバムで大規模なツアーを開始

成功への足がかり的アルバム。

 

③メタル・マスター (master of puppets)

1986年発売

初のゴールドディスク(50万枚)となる名盤

 

④メタル・ジャスティス (…and justice for all)

1988年発売

 

グラミー賞も受賞したアルバム。

これもメタリカを代表するアルバム

 

⑤メタリカ (metallica)

1991年発売

 

全世界で2000万枚を売り上げる。

メタリカの地位を決定づけた一枚。

 

⑥ロード (load)

1996年発売

全米・全英ともに1位

 

 

⑦リロード (reload)

1997年発売

全米1位

 

⑧セイント・アンガー (st.anger)

2004年発売

 

⑨デス・マグネティック  (death magnetic)

2008年発売

世界25ヶ国でアルバムチャート1位

 

すべて素晴らしいアルバムですが、

特に素晴らしいアルバムは紹介した3つ。

 

是非、聴いてください。

 

また、メタリカのライブは最高です。

 

 

19991年の東京ドームのファイナル

カウントダウン行きましたが、大盛り上がり。

 

 

次の日、ヘッドバンキングのやりすぎで

首は動きませんが・・・

 

 

最後にメタリカの映画について一言。

今までにない映画といっていい。

 

ネタばれはしないように、少しあらすじだけ。

 

まさにメタリカのライブが始まろうとしていた。

その時、スタッフの青年が、バンドにとって

必要な物がまだ届いていないと聞かされる。

 

その重要な物をとってくる事となったその

青年に、予想だにしない出来事が

待ち構えていた。

 

だけど、これはあくまでもライブ映画です。

 

 

Sponsord Link

カテゴリー: 未分類   パーマリンク


こちらの記事もどうぞ