愛川ゆず季はプロレス界の救世主といえる女子レスラーだった


 

 

愛川ゆず季さんは、間違いなくプロレス界

救世主といえる女子レスラーです。

 

 

プロレスを真剣に考えていた、グラドル愛川

ゆず季かつ女子レスラーがそこにはいた。

 

yuzu

Sponsord Link

名前:愛川ゆず季

愛称:ゆずぽん

生年月日:1983年5月16日

出身地:愛媛県新居浜市

血液型:B型

必殺技:七色のゆずぽんキック

 

 

なぜ、愛川ゆず季はプロレス界に

入ったのか

 

 

それは、子供時代に格闘技のテコンドー

を習った事が1つの理由だ。

Sponsord Link

 

 

なかなか女性で格闘技をやろうという人は、

めずらしい

 

 

生まれつき闘争心やセンスを持ち合わせて

いないと、格闘技は習わない。

 

 

つまり、愛川ゆず季は生まれながら、闘争心

を持ち合わせていたと言える。

 

 

また、バリバリ現役のグラドル時代に、

ゲスト解説者としてプロレス中継に出演

したことがあります。

 

 

その時にも、プロレスへの関心の高さ

見ることができました。

 

 

四方八方から見られるプロレスの表現力

に言及しています。

 

 

それは、どこかグラビアアイドルに共通する

ものを感じていたのだと思います。

 

 

Sponsord Link

 

 

グラビアアイドルの激しい世代交代は、

愛川ゆず季さんにも当然やってきました。

 

 

がけっぷちグラドルの愛川ゆず季、

2010年プロレス界入りを決意。

 

 

前評判では、グラビアアイドルにプロレスが

出来るのか?

 

 

ひやかしで来るなら来るな、というような

雰囲気も感じられました。

 

 

しかし、そこは持ち前の精神力の強さと

闘争心でレスラーとして肉体改造を敢行

 

 

デビュー戦では、元世界シングル王者

高橋奈苗に善戦。

 

 

元王者に本当にあいつはデビュー戦か

と言わしめました。

 

 

彼女のガッツと精神力の強さには、頭が

下がりますね。

 

 

そして、彼女がなぜ、プロレス界の救世主

呼ばれるのか?

 

 

それは、そのガッツと精神力はさることながら、

アイデアの良さがあるんです。

 

 

プロレスの実力と共にグラビアアイドルの強み

もそこに付け加えたんです。

 

 

Hカップのバストを最大限に利用した、

パイパイアタックなる自分の技を考案。

 

 

試合後は寝そべって、グラビアアイドルお得意の

悩殺ポーズを披露。

以下は愛川ゆず季さん女子プロレス

デビュー試合の動画です。

 

 

 

 

グラドル+プロレスラーなるグラレスラーという

新たなジャンルを作り出したんです。

 

 

こういう無かった物を作り出す、0から1を生み出す

という事は本当にすごい事。

 

 

愛川ゆず季さんのプロレスへの真剣な思い

グラビアアイドルの誇りがあったからこそ、

出来上がったのだと思います。

 

 

愛川ゆず季人気は、女子プロレスのドラマ

も生み出しました。

 

 

2011年と2012年のプロレス大賞にも選ばれ、

低迷していた女子プロレス人気に光がさした。

 

 

2013年、わずか2年半ではありましたが、

プロレスを引退

 

 

引退セレモニーは両国国技館で行われ、

5500人もの人が集まりました。

 

 

女子プロレスが低迷していた時代には、

両国国技館に進出できるとは思っても

みなかった。

 

 

短い期間ではありましたが、これが

女子プロレスの救世主と呼ばれるゆえんです。

 

 

彼女の一生懸命さと真剣さは、女子プロレス界に

多大な影響を与えたのではないでしょうか。

 

 

今は、またグラビアアイドルに挑戦中

本当にパワフルで元気一杯の方ですね。

 

 

 

 

Sponsord Link

カテゴリー: 「あ」   パーマリンク


こちらの記事もどうぞ