石原裕次郎の歌の売上ベスト10と噂される死因の検証


 

石原裕次郎さん、歌も映画もドラマ

においても昭和の大スター。

 

大スターならでは・・・死因がいろいろ

噂されています。

 

yujiro

Sponsord Link

本名:石原裕次郎

生年月日:1934年12月28日

出生地:兵庫県神戸市

逝去日:1987年7月17日(52歳)

 

 

 

70歳近いうちのおふくろは石原裕次郎

さんの歌も顔も大好きです。

 

この世代は大体、石原裕次郎の歌と顔

が好きらしいです。

 

 

顔は今はやりのアイドルとは少し違うから、

なぜそんなに人気があったのか・・・

Sponsord Link

 

雰囲気がいいのかな?若い時の石原

裕次郎のイメージは、やんちゃな少し

ワルの青年。

 

 

 

しかも昔の写真を見ると、すごく母性

本能をくすぐる気がするのは、私だけ

でしょうか?

 

 

 

またいつの時代でも、乙女は少し悪くて

カゲがある男性に魅かれるといいます。

 

 

 

私からすると、なんじゃそりゃ。ただの

いきがり坊主やんけ、

と思いますが。それはさておき・・・。

 

 

 

私の印象は「太陽にほえろ」のボスです。

いつも七曲書のブラインドカーテンから

外を除く・・・

 

 

そして事件が解決した後は、七曲書に

いるデカ(刑事)とのかけあい。

 

「ボスのおごりで」みたいな感じから

「おまえのおごりで」みたいな忘れち

ゃったけどそんな感じだった。

 

 

デカ(刑事)たちもそうそうたる

メンバーでしたね~。

 

大好きで見てました。殉職シーン

なんて号泣。

 

 

Sponsord Link

 

 

その時は刑事になる事に決めてました。

「俺は刑事になって殉職するんだ」って

・・・おいおい。

 

 

晩年の石原裕次郎さんはドラマの印象

が強いですが、若いころはバリバリに歌

をうたっていて、ヒット曲もたくさん。

 

ですので石原裕次郎 売上ベスト10

を発表します。

 

第10位 夕陽の岡

売上143万枚

第9位 ブランデーグラス

売上155万枚

第8位 夜霧の慕情

売上163万枚

第7位 俺はお前に弱いんだ

売上175万枚

第6位 錆びたナイフ

売上184万枚

第5位 俺は待ってるぜ

売上195万枚

第4位 夜霧よ 今夜もありがとう

売上253万枚

第3位 赤いハンカチ

売上275万枚

第2位 二人の世界

売上285万枚

第1位 銀座の恋の物語

売上335万枚

 

その他の売上もあわせて累計

売上枚数は5000万枚。

 

それにしても売れすぎです。

 

 

 

こんな大スターが52歳という若さで

この世を去りました。

 

この時は、私は12歳か13歳、世間が

騒がしくなったのを覚えてます。

 

 

亡くなる前から、体調が悪かったのか、

太陽にほえろのボスも変わりの誰かが

やっていた気がします。

 

 

死因は肝臓がんと言われていますが、

性病の梅毒で亡くなったという記述も

見られます。

 

 

性病関連の記述では、性病から体の

免疫力が下がりがんとなった、という

記述でした。

 

 

石原裕次郎さんは1978年に舌癌に

なっていたとの記述もあり、かなり体調

がよくなかったように思われます。

 

 

1981年には解離性大動脈瘤が発覚し、

大手術を行い生還率3%という戦いに

打ち勝ちました。

 

 

1984年には肝臓がんでガンが再発。

 

このように晩年は病気との闘いで

ありました。

 

 

ここには性病という足跡は私には

見えず、大病と戦い抜いた大スター

という戦士しか見当たりません。

 

 

Sponsord Link

カテゴリー: 未分類   パーマリンク


こちらの記事もどうぞ