ヌードもこなす岩下志麻は古き良き日本女性のセックスシンボル。


 

岩下志麻さん、ヌードや濡れ場

もこなす大女優さんです。

 
岩下志麻は日本女性

Sponsord Link


 

岩下志麻さんは、古き良き日本を

代表する女性のセックスシンボル

だと私は思う。

 

 
まずはこれを。


 

ヌードや濡れ場もこなす岩下志麻さん

ですが、いやらしい意味

セックスシンボルと言っている

わけではありません。

iwashita

本名:岩下志麻

結婚後は篠田志麻

生年月日:1941年1月3日

Sponsord Link

出生地:東京府東京市京橋区

血液型:A型

夫:篠田正浩(映画監督)

 

 

 

アメリカのセックスシンボルが

マリリン・モンローなら。

 

 

 

古来日本のセックスシンボルは

岩下志麻さん

 

 

 

今の現代日本は、欧米の文化が

入り込みすぎてしまい、

日本独自の文化が薄れてきている。

 

 

 

古き良き日本独自の文化を知っている

女性のセックスシンボルという意味で

岩下志麻さんと言っています。

 

 

イメージも当然ありますが・・・

 

岩下志麻さんが古来の日本女性の

セックスシンボルだと思う理由。

①着物が着こなせるし似合う。

②戦前生まれ。

③日本美人。

④古き良き日本を知る世代。

⑤大和撫子のオーラあり。

⑥海外にこれが日本女性だと誇りをもって言える

⑦生活感がない

⑧時代劇の代表

⑨日本ヤクザ極道の妻の印象

 

 

Sponsord Link

 

 

あくまでも、これはセックスシンボル

でありイメージ。

 

 

実際は、おっとりの天然キャラとの噂も。

 

 

実際はおいておいて、と。

 

 

このイメージを武器に私はもっと、

岩下志麻さんに海外で活躍してほしい。

 

 

日本女性の良さをもっともっと、世界に

アピールしてほしい。

 

 

 

だって、次世代にこのイメージを、

岩下志麻さんを引き継げる女優

いるだろうか?

 

 

 

いないとしたら、次世代では、

日本独自の文化を体全体で表現

できる女優はいなくなってしまう。

 

 

それが心配です。

もっともっと日本独自の女性文化

を盛り込んだ、そして海外を意識した

映画や作品が世に出てほしい。

 

 

岩下志麻さんの有名な話があります。

家事は一切やらないということ。

 

 

これには理由があって、夫である

映画監督の篠田正浩さんが、

やらなくていいと言ったというのです。

 

 

その、理由が映画監督たらしめるのです。

 

 

君は女優という職業なのだから、

家事は一切しなくていい、

と言ったのです。

 

 

これが、今の岩下志麻さんのオーラと

大女優のイメージを植え付けることが

できた理由に思います。

 

 

夫で篠田正浩監督が女優として

岩下志麻を最優先にしたのです。

 

 

素晴らしいお話ですね。

二人は結婚されて45年。

すごく仲むつまじいご夫婦のようです。

 

 

岩下志麻さんには、娘さん

いらっしゃるようです。

 

 

娘さんはすでに社会人で

広告代理店勤務?

または医者と言われています。

 

 

いずれにしろ立派に育っています。

家事はせずとも、子育てはしっかり

とされていたんでしょうね。

 

 

しかし、女優業優先、今日の大女優の

イメージを築きあげるためには、娘さん

も我慢したし、協力もしたでしょう。

 

 

娘さん、ありがとう。

日本を代表する大女優

作り上げてくれて。

 

 

 

 

 

Sponsord Link

カテゴリー: 「い」   パーマリンク


こちらの記事もどうぞ