小柳ルミ子の旦那はテレビから消えた!昔は前代未聞の宝塚卒業生?


 

小柳ルミ子さんといえば、

一時期に旦那さんとテレビ

に出まくってましたね。

Sponsord Link

 

小柳ルミ子の旦那はテレビから消えた!昔は前代未聞の宝塚卒業生?

 

今、現在、その旦那さんは、

まったくテレビには出ません。

完全に消えています。

 

また、小柳ルミ子さん、

イメージが強いのは歌手

ですよね。

 

実は宝塚音楽学校を卒業

しています。

しかも主席で・・・

 

だけど、卒業の仕方がおそらく、

前代未聞でえぐい!

Sponsord Link

 

だけど、ここまで野心がある人

じゃないと芸能界で成功でき

ないような気もしますね。

 

その他、結婚や今、サッカー

などなど、小柳ルミ子さんに

ついて教えて。

 

○小柳ルミ子さんの旦那さんは?

○小柳ルミ子さんは昔は宝塚!

○小柳ルミ子さんの卒業がえぐい!

○小柳ルミ子さんの経歴や結婚!

○小柳ルミ子さん、今はサッカー解説者?

 

以下は小柳ルミ子さんと大澄賢也

さんのダンス動画です。

このアホさは必見です。

 

 

「小柳ルミ子さんのプロフィール」

芸名:小柳ルミ子

本名:小柳留美子

別名義:夏川るみ、rumico

生年月日:1952年7月2日

年齢:2018年現在65歳

出身地:福岡県福岡市早良区

出身中学:筑紫女学園中学校

出身高校:宝塚音楽学校

・家族構成

お父さんとお母さん。

兄弟はおらずひとりっこです。

ご本人のブログから参照。

・結婚暦

1989年に結婚。

お相手は、その当時無名のダンサー

であった大澄賢也さん。

子供はいません。

ですので妊娠も出産もされてない

ですね。

・芸能界入りのきっかけ

宝塚音楽学校時代に、コネを使い

ナベプロに売り込み。

 

 

小柳ルミ子さんの旦那さんは?

小柳ルミ子さんの旦那さんは

大澄賢也さんです。

 

13歳の年の差婚で、当時も

かなり話題になりました。

 

もともと大澄賢也さんは無名の

ダンサーでしたが・・・

 

小柳ルミ子さんと結婚してからは、

2人でテレビに出まくっていました。

 

バラエティーなどいつもテレビで

2人で踊っている感じでしたね。

 

しかし、結婚11年で2人は離婚

してしまいます。

 

離婚してから、旦那さんのテレビ

の露出は減り・・・

 

今では、大澄賢也さんをテレビで

見る事はありません。

 

事実はあかされていませんが、

ひと悶着あったようです。

 

今後もテレビに出るなら、慰謝料

を請求?などなど・・・

 

小柳ルミ子さんが無名の大澄賢也

さんを有名にしてあげたという事は

事実ですからね。

 

 

Sponsord Link


 

 

小柳ルミ子さんは昔は宝塚!

小柳ルミ子さん、なんとあの宝塚

音楽学校の卒業生なんです。

 

だけど、実際の宝塚歌劇団での

活躍の話はあまり聞いた事が無い

ですよね・・・

 

なぜ?という話を聞いた時に・・・

すごい人だなと思ってしまいました。

 

小柳ルミ子さんの卒業がえぐい!

小柳ルミ子さんの宝塚音楽学校の

卒業がえぐい!

 

どうゆうことかと言いますと・・・

小柳ルミ子さん、卒業時にはナベプロ

と契約する事が決まっていたそうです。

 

学生時代からナベプロに入るために

努力もしたと思いますが、コネも使って

いたようです。

 

なので実際に宝塚の舞台には、ほとん

ど立っていないのです。

 

しかし、人間の一般常識として、

宝塚歌劇団に2ヶ月間は在籍して

退団されたそうです。

 

芸能界にデビューするために、

宝塚音楽学校に入ったんだと

思われても致し方ないですよね。

 

宝塚に入りたくてしょうがない人

がいる事を考えると批判されて

も仕方がないかも・・・

 

小柳ルミ子さんの結婚

小柳ルミ子さん、結婚は大澄賢也

さんとの一度だけです。

 

大澄賢也との離婚後に、俳優の

石橋正高さんと婚約された事が

ありましたが結婚はされませんでした。

 

小柳ルミ子さん、今はサッカー解説者?

なんと小柳ルミ子さん、今現在、

サッカーの解説者をすることも

あるんです。

 

実は小柳ルミ子さん、

イングランド代表のイケメン、

ベッカムが世界中で大人気

になった時にサッカーを

好きになったそうです。

 

最初はミーハーだったと

思われますが、メッシを見て

俄然、はまってしまったそう。

 

今では年間で2000試合以上

見る事もあるそうです。

Sponsord Link

カテゴリー: 「こ」「ご」   パーマリンク


こちらの記事もどうぞ